抜かない・削らない治療|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない治療にこだわり

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

抜かない・削らない治療

天然歯を維持して頂くための「なるべく削らない・抜かない」治療

なるべく削らない・抜かない

患者様の天然歯を生涯に渡って維持して頂くために、なるべく削らない・抜かない低侵襲治療を基盤に、歯質の保存に力を入れて取り組んでおります。伊藤歯科医院が実施する対策についてご紹介致します。

早期発見・早期治療で削る量を最小限に抑える

削る量を最小限に

虫歯は少しずつ感染部位を広げながら進行していくため、早期発見を心がける事で歯を出来るだけ削らずに処置を終える事が出来ます。早期発見・早期治療のために当院が取り組む対策をご覧下さい。

肉眼では見えない虫歯を早期発見する「ダイアグノデント」

ダイアグノデントこの装置は初期虫歯の発見に大きな効果を発揮します。初期段階の虫歯には痛みがなく、かつ、経験豊富なドクターでも判別しにくい特徴があります。

そこで活躍するのが「ダイアグノデント」です。この装置のメリットについてご紹介します。

①経験や勘ではなく、データで虫歯の有無を判断
②従来は発見が困難だった小さな虫歯を早期発見
③虫歯検出率90%という高い信頼性
④治療後にも再チェックするので、再発リスクを軽減

う蝕発見率虫歯治療において大切なことは「虫歯の診断」です。従来は、ドクターによる視診(肉眼での目視)や歯科用顕微鏡(ルーペ)、そしてレントゲンによる診断が主流でした。

しかし、左の虫歯検出率の統計データをご覧頂くと、ダイアグノデントの虫歯検出率が90%と突出して高いことが分かります。

逆に視診による診断は12%と、単純計算でも10回中9回は健康な歯を虫歯と診断していることになります。レントゲンを利用しても、50%未満。これではいけません。
下記は、他院で虫歯と判断された患者様の症例です。

ダイアグノデント使用例一見すると、奥歯の溝が虫歯になっているように見えます。しかし、ダイアグノデントによる診断では、虫歯治療が必要な数値を示しませんでした。

つまり、歯を削る必要がないということです。仮に、虫歯治療を行う場合も、ダイアグノデントは非常に有効なツールになります。例えば虫歯を削る量は、従来は歯科医師の裁量で決めていたことがほとんどでした。

その弊害として、必要以上に歯を削ってしまう、削る量を少なくしたものの虫歯の取り残しにより、虫歯が再発するといったことが多く見受けられました。しかし、ダイアグノデントを利用することにより、虫歯の早期発見だけではなく、虫歯の進行具合や治療後の虫歯の取り残しを何度でも確認することができるので、これまでのような「経験と勘」に頼った治療ではなく、科学的根拠に基いた治療を実践することができるようになりました。

定期検診の推奨

患者様自身が痛みや歯の変色などの自覚症状を感じられる頃には、必要最低限の処置でも、歯を削る量は比較的多くなってしまいます。このような事がないように、当院では定期的な検診を推奨し、虫歯の早期発見・早期治療を心がけています。

歯質を出来るだけ残すための低侵襲処置

低侵襲処置

伊藤歯科医院では患者様の歯質を少しでも多く残すために、早期発見・早期治療を心がけ、治療が必要な場合にも、様々な工夫を凝らして低侵襲な治療に努めております。

マイクロスコープや拡大鏡の使用

マイクロスコープマイクロスコープや歯科拡大鏡を用いて、丁寧な処置を心がけています。肉眼の数倍~数十倍拡大された視野での確認、処置が可能となり、虫歯に感染した部分のみを的確に取り除く事ができるため、削る量を抑えた治療が行えます。

さらに、肉眼では発見が困難な小さな虫歯を見落とすリスクが軽減され、より精度の高い治療が可能となります。

虫歯検知液で感染部位を正確に把握

虫歯検知液

う蝕検知液は歯に塗布する事で、虫歯菌に感染している歯質のみを着色する事ができます。着色した虫歯部分のみを的確に削る事で、健康な歯質に手を加えず精度の高い切削が可能となります。また、虫歯感染部位が目で確認する事が出来るので、見落としも防止する事ができます。

エキスカベーターで丁寧な仕上げ

エキスカベーター

虫歯菌に感染している歯質は通常よりも軟化するため、最後まで強力なドリルでの処置では健康な歯も削ってしまう恐れがあります。当院では、仕上げにエキスカベーターと言う耳かきのような器具を使用して、虫歯感染部位のみを丁寧に取り除き、少しでも多く健康な歯質の保存に努めています。

ヤグレーザーで削らず虫歯を除去

ヤグレーザー

当院ではドリルでの虫歯処置の他に、エルビウムヤグレーザーを用いた虫歯の処置も行っています。レーザー照射で、虫歯の除去と殺菌が可能なため、健康な歯質をほとんど削る事なく、治療を終える事ができます。状態によっては使用できませんが、痛みや振動なく負担を抑えた処置ができます。

レジン充填での補綴保存

レジン充填

歯を削った後の、歯質の修復にはコンポジットレジン(歯科用樹脂)での処置を心がけています。修復患部に直接盛り足して形を形成するため、歯を削る量を最小限に抑える事ができます。また、型取りなどの工程がなく治療も1日で完了します。

伊藤歯科医院がこだわるなるべく抜かないための対策

なるべく抜かない

虫歯や歯周病の症状が重度の場合においても、できる限り天然歯を失う事がないよう歯の残存にこだわった治療を実施しています。一般的には抜歯と判断される症例に対しても、可能な限り抜歯を回避するよう努めております。

重度な虫歯症状に対しての抜歯回避術

マイクロスコープ精密根管治療

マイクロスコープ

重度の虫歯に対しては、歯の根っこの治療が必要となります。歯の根の治療は「根管治療」と呼ばれ、虫歯に感染した神経や血管などの組織を綺麗に除去して、内部を綺麗にする事で症状が改善されます。マイクロスコープを使用する事で、狭くて、暗い根管内の処置精度が大幅に上がり、抜歯リスク、虫歯の再発を軽減する事が出来ます。

ラバーダムで抜歯リスクの大幅軽減

ラバーダム

重度の虫歯に対して行う根管治療(歯の根の治療)の際に、綺麗にした根管内部に細菌を多く含む唾液などが侵入しないよう、ラバーダムと言うシートを使用して処置を行う歯を口腔内環境から隔離します。細菌が侵入すると高い確率で再発するため、根管治療においてラバーダムでの隔離は必須となります。

MTAセメントで神経を残存

MTAセメント

神経にまで虫歯菌が達してしまった場合に、本来は神経を抜くのが一般的ですが、神経を抜いた歯は脆くなり、欠けたり、虫歯になったりする可能性が非常に高く、将来的な抜歯リスクを高めてしまいます。そこで当院では、殺菌効果の高いMTAセメントで神経を覆い、虫歯菌の不活性化を行う覆髄処置を実施して、神経の保存に努めています。

歯根端切除術にも対応

歯根端切除術

歯根の先に膿が溜まる根尖病変と言う症状になった場合には、通常の根管治療では改善が難しいため、一般的には抜歯となるケースがほとんどです。しかし当院では、膿が溜まっている歯根部を外科的な処置で切除する「歯根端切除術」を実施して症状の改善を図り、抜歯から歯を守ります。

歯周病に対して実施する歯を失わないための対策

歯周病は、歯を支える歯槽骨を徐々に溶かし、最終的に歯が抜け落ちる恐ろしい感染症です。現在歯を失う1番の理由とされる疾患です。伊藤歯科医院では、抜歯原因1番の歯周病に対して、様々な処置を実施し、抜歯リスク軽減に努めております。

マイクロスコープでの歯石除去

マイクロスコープ

歯周ポケットの深い部分に付着した歯石を取り除く際には、マイクロスコープを使用して正確な処置を行います。肉眼の約20倍の拡大視野で、見落としなく的確な歯石除去が行え、歯周病症状の予防、改善に繋がります。さらに、マイクロスコープを使用する事によって、外科的な処置を行わずとも、症状改善に効果的な歯周病治療が行える可能性が高まりました。

歯周再生療法エムドゲイン

エムドゲイン

重度の歯周病では、歯を支える骨が溶ける事によって、歯がグラついて不安定になります。当院ではこのような症状に対して、エムドゲインゲルを使用した歯周再生療法を実施します。エムドゲイン言うタンパク質を塗布することによって、骨の復元を行い、歯を再び安定させる事で抜歯を回避出来る場合があります。

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周外科治療

歯周病が進行して、歯周ポケットの深い部分に歯石が溜まっている場合には、目で確認しながらの歯石の除去が困難となり、正確な処置が行えなくなります。こういった場合には、フラップ手術と言う歯周外科治療を実施します。麻酔注射後に歯肉を開き、歯根部を露出した状態で、目で確認しながらの歯石除去が可能となり、精度の高い処置が行えます。

定期歯周病管理の徹底

定期歯周病管理の徹底

歯周病は目に見えない細菌との闘いとなりますので、再発リスクが高くなります。そのため、治療を行ったあとの徹底した定期管理が重要となります。当院では、歯周病メンテナンスを行う歯科衛生士を担当制にしたり、唾液検査による歯周病リスクチェックを行ったり、歯科医師と歯科衛生士の連携を徹底することで、歯周病の再発防止に取り組んでおります。

2つのレーザー治療で歯周病に有効な処置

伊藤歯科医院では、歯周病予防・改善に低侵襲処置が可能なレーザーを用いての治療も実施しております。エルビウムヤグレーザーと炭酸レーザー(CO2レーザー)での処置をご紹介致します。

ヤグレーザーで負担のない歯石除去

ヤグレーザー

歯の周囲に付着した歯石の除去には、再付着防止効果もあるエルビウムヤグレーザーを使用して処置を行います。広範囲の処置には向いていませんが、痛みが少なく歯石除去が行えるのが特徴です。進行が進んだ歯周病や、歯石の付着が広範囲の場合には超音波スケーラーと併用する事で徹底した処置が行えます。

CO2レーザーで歯周病菌の殺菌

CO2レーザー

スケーラーで歯面や歯周ポケットの歯石除去を行った後に、CO2レーザーを歯周ポケット内に照射して歯周病菌の殺菌を行います。歯周病菌を不活性化する事で、歯周病の症状改善が効果的に行えます。さらに、レーザーでの処置は、鎮痛効果や治癒促進の効果などがあるため、痛みや出血を抑えた低侵襲処置が可能です。

その他の症状に対する非抜歯措置

エクストルージョン法

エクストルージョン法

重度の虫歯治療後には、被せ物によって歯の修復を行います。しかし、度重なる切削で土台となる歯が歯肉よりも下に埋もれている場合には、被せ物を装着しても長期的な安定が見込めず、抜歯と診断される事が多くあります。当院では、このような歯に対して、エクストルージョン法と呼ばれる矯正処置を実施します。歯肉の下に存在する歯を引っ張り上げて、被せ物との安定を図り、抜歯をせずに維持出来るように努めております。

歯牙移植による機能の維持

歯牙移植

やむなく歯を失う事になった場合には、通常はインプラントや入れ歯などの機能を補う治療を実施しますが、伊藤歯科医院では条件が合う患者様に歯の移植を推奨しています。自身の歯ですので馴染みが良く、重要な周辺組織も一緒に移植が可能なため、以前の歯と変わらぬ感覚で生活して頂けます。

さいたま市与野で歯の残存にこだわった歯医者をお探しの方へ

歯の残存にこだわった歯医者

伊藤歯科医院ではこのように患者様の大切な歯を維持して頂くために、なるべく削らない・抜かない低侵襲治療にこだわり、様々な取り組みを実施しています。さいたま市与野で天然歯の保存にこだわった歯医者をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る