ブリッジの支台歯に実施した根管治療の症例|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

ブリッジの支台歯に実施した根管治療の症例

ブリッジの支台歯に実施した根管治療の症例

ブリッジの支台歯に実施した根管治療の症例

こちらの患者さまは左上奥の歯ぐきの腫れを繰り返しており、心配で来院されました。左上には20年前に入れたブリッジが入っており、レントゲン撮影をしたところ、骨透過像(骨の破壊が進み、骨が薄く映る)が認められました。

根管治療の実施

根管治療の実施神経の無い歯なので麻酔なしでブリッジを除去していきます。これから左上6番の根の治療になるため、左上5番は噛めるよう一時的に残すことにしました。

まず、左上5番と6番を切断します。左上5番はかぶせ物を残したままにし、左上6番のコアを除去して行きます。

左上6番の根の治療は順調にすすみ、フィステルも消失し骨造成も認められ症状も治まったため、3回目で根に薬をつめました。

その後、金属は固すぎて歯が割れるリスクが高いので、土台となるファイバーコアを立てて1ヵ月経過観察することになりました。1ヵ月後、特に症状も認められず、フィステルの再発も認められないため、形を整えてから型どりをしました。

セラミッククラウンの装着・治療完了

セラミッククラウンの装着・治療完了更に1ヵ月後、感染したセラミッククラウンを麻酔なしで装着、口腔内で噛み合わせの調整をして完成です。

見た目も綺麗になり、左上5番も引き続きセラミッククラウンを希望されました。

年齢・性別 50代 女性
治療期間 5~6ヵ月
治療回数 6回
治療費(税込) セラミッククラウン 132,000円
根管治療(保険適用) 3,000~4,000円
リスク・注意点 ・部分的に強い力がかかると、欠けたり、外れたりすることがあります。

虫歯治療・精密根管治療ページ>>

トップへ戻る