妊婦さんの口の健康|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

妊婦さんの口の健康

投稿日:2022年2月2日

カテゴリ:スタッフブログ

今回は妊娠期での歯と口の健康について復習していきましょう。

 

妊娠中は口のトラブルが増える時期です。

女性ホルモンの増加や、つわりで歯磨きがちゃんとできないことが多くなり、

歯周病や虫歯になりやすくなるからです。

 

お母さんだけでなく、おなかの中の赤ちゃんにも影響があります。

日本臨床歯周病学会によると、

妊婦さんが歯周病にかかっていると、

早産(22~36週)や低体重児出産(出生体重2500g未満)の

危険性が約7倍に高まるという報告があります。

これは、歯周病菌や炎症物質が血中に入り、

子宮、胎盤、胎児などに影響することが原因と考えられています。

妊娠中は普段以上にこまめなケアで、

歯周病を予防することが大切です。

 

歯みがきがつらい時の対処法としては、

体調が悪い時は、歯ブラシをヘッドの小さいものにしたり、

歯磨剤を香料や味の少ないものに変えたり、ブラッシングの姿勢を変えたりなど、

工夫して歯磨きをしましょう。

「ながらみがき」も気分がまぎれるので良いかもしれません。

洗口剤でゆすぐだけでも大きく違いますのでおすすめです。

できるときはしっかりブラッシングするように心がけましょう。

 

お母さんだけでなく子供のためにもなりますので、

安定期に歯科検診をきちんと受けて、必要な治療は済ませておきましょう。

きっと出産が終わってからのほうが忙しいですよ^^

 

さいたま市の歯科健診は伊藤歯科医院へ

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る