夏の虫歯にご用心!|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

夏の虫歯にご用心!

投稿日:2020年7月10日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さまこんにちは。

毎日暑いですね、、暑い日が続くと冷たいものを食べたり飲んだりする機会が増えてきませんか?

 

冷たいアイスや、甘いジュース、スカッと爽快な炭酸水。暑くなるといつもよりこの様な食べ物や飲み物を口にする機会が増えますよね。

 

しかし、これらのものを1日中だらだらと口にしていると、ずーっとお口の中に糖分が含まれていることになって虫歯のリスクが大変高まってしまいます。

 

特に、コーラや栄養ドリンクなどは酸性度が強いので要注意です!

ちびちびと飲んでいると大切な歯が酸蝕歯(さんしょくし)になってしまう恐れがあります。

※酸蝕歯とは、食べ物や飲み物に含まれる酸によって歯のエナメル質が溶けてしまった歯です。

 

酸蝕歯になる原因は、人は口にする食べ物に含まれる酸や、虫歯菌が作り出す酸によってお口の中が酸性に傾きます。ややアルカリ性の唾液はその酸を洗い流し、お口の中を中性にもどして中和し、健康的な状態を維持してくれる役割があります。

しかし、酸性の強い食べ物や飲み物に長時間触れ続けていると、唾液による洗浄と中和のサイクルが間に合わず、酸により歯のエナメル質が溶けてしまいます。

 

酸蝕歯を予防するには次のような注意が必要です。

1、炭酸飲料などの酸性度の高い飲料を長時間口の中にためない

2、酸性度の高い飲食物を口にしたら水でうがいをする

3、酸性度の高い飲食物を口にする回数を少なくする

4、唾液の分泌が少なくなるスポーツの後や就寝前は、酸性度の高い飲食物を控える

 

酸性度の高い飲料を口にした後は、これらのことに気をつけてお口の健康を保ちましょう!

 

さいたま市与野で歯科医院をお探しお方は、伊藤歯科医院までご連絡下さい。

トップへ戻る