歯科に関係するアレルギー【金属アレルギー③】|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯科に関係するアレルギー【金属アレルギー③】

投稿日:2020年3月30日

カテゴリ:スタッフブログ

【金属アレルギー】の症状

 

【アレルギー】の症状の出方は人それぞれです。

症状の程度によっても変わってくるかと思われます

金属自体は人体に影響を及ぼすことはほとんどありませんが、唾液や汗によって金属が溶け出してしまう(劣化)してくると反応として症状がでます。肌に【かぶれ】・【湿疹】・【水泡】・【かゆみ】・【脱毛】などと様々な症状があります。汗が原因の場合は触れている皮膚に症状が出ることが多くありますが、口腔内の場合は唾液に溶け出し全身のいたるところで出る為口腔・口周辺に限局して出るものではないので、口以外の部位で症状が出た場合はまずは内科やアレルギー科を受診してみて下さい。

 

現代の技工技術が発達してきている為年数が経っている金属でも見た目が綺麗なものもありますが、基本的な材質はあまり変わりません。なお口腔内では常に唾液が金属に触れるため、【アレルギー原因の金属イオン】が溶け出してしまいます。

 

自分は大丈夫と思っている方は特に要注意です。【アレルギー】はある日突然症状が現れます。

基本的には体質も関係しますが、最初からという方の方が少なく蓄積されていくことにより【アレルギー症状】が発現します。

 

昔入れえた金属は口腔内にないですか?

しばらく歯医者に通っていないは一度検診を受けてみて下さい。

【アレルギー】だけでなく中がムシ歯になっている…なんてこともあるかも知れません。

症状が出る前に早めの改善をしていきましょう。

 

金属に少しでもかゆみ・赤み等が出たことがある方、自分でもいつ入れたかわからない金属が口腔内にある方は一度診察することをおすすめします

気になる方は 金属アレルギー 中央区 歯科 で検索してみて下さい

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る