歯の健康と認知症|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯の健康と認知症

投稿日:2021年3月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、皆様はご自身の歯が何本あるかご存知ですか?

永久歯は全て揃うと32本になります。ただし、前から数えて8番目の歯は“親知らず”といい、この歯はもともと生えてこない方が多くいらっしゃいます。

ですので、永久歯の本数は2832本になります。

 

永久歯は保存することが不可能なほど大きな虫歯になってしまうと抜歯しなければなりません。永久歯は一度失うと二度と生えてこないので抜歯をした分だけ、ご自身の歯を失っていくということになります。

 

1989年(平成元年)より、厚生省と日本歯科医師会が推進している“8020運動”という名の「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動があります。

20本以上歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われ、そのため「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」という願いを込めてこの運動が始まったそうです。(日本歯科医師会HPより)

 

また、2003年の東北大学大学院による調査によると、70歳以上の高齢者(1167人)を調査した結果、健康な人の歯の本数の平均は14.9本、認知症の疑いのある人の歯の本数の平均は9.4本という結果だったそうです。

歯の本数が少ない人ほど、認知症になりやすいことが分かります。

 

身体の健康の為にご自身の歯を大切に守っていきたいですね。

伊藤歯科医院では8020運動のお手伝いをさせていただきます!

お口のお悩みなどがございましたら些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

 

さいたま市中央区 歯科医院をお探しの方は伊藤歯科医院までお問合せください(^-^)

トップへ戻る