砂糖は悪者なのか|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

砂糖は悪者なのか

投稿日:2021年11月22日

カテゴリ:スタッフブログ

むし歯になる原因として砂糖がよくあげられていますね。

確かにむし歯のもとのミュータンス菌と砂糖が一緒になって、水に溶けにくい”プラーク”というものになり歯にくっつきます。

そしてプラークの中の”ミュータンス”が酸を出して,歯を溶かしてしまい穴が空いてむし歯になってしまいます。

今回の砂糖についての話題に戻しましょう。

砂糖はむし歯の原因として悪者扱いされていますが、歯の上に砂糖をのせておいても歯に穴はあきません。先程もお話ししたように、砂糖と口の中にあるミュータンス菌がくっつくことによりむし歯になるのです。大量の砂糖がなければ病原性は示さないといわれております。

いけないのはたくさんの砂糖なのです。問題は程度なのです。

砂糖は食べないと死んでしまう必須栄養素ではないので、必要量というのはありません。これ以上食べると体に良くない限度量があるのです。

大人は50g以上の砂糖は危険と言われているので、子どもはもっと少ないはずですね。

ケーキ1つ、アイスクリーム1つには20~30gの砂糖が入っています。3度の食事にも含まれているので、毎日ジュースやケーキを食べるのはよくありません。

むし歯になってしまったら“身体もあぶない”という警告だと考えてください。

むし歯のない事は健康を保つ上でもバロメーターの役割にもなりますね。

むし歯で心配なことがありましたら伊藤歯科医院まで。

 

トップへ戻る