洗口液と液体歯磨きの違い|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

洗口液と液体歯磨きの違い

投稿日:2022年6月18日

カテゴリ:スタッフブログ


皆さんは「洗口液」と「液体歯磨き」の違いはご存知でしょうか。
ドラッグストアなどで売っている物は見た目が似ており、洗口液(マウスウォッシュ)と液体歯磨きを同じ物と思われている方も多いと思いますが、使用方法が異なります。
洗口液は医薬部外品に分類され薬用成分が含まれており、歯科医院で販売しているものの多くは洗口液で、液体歯磨きは化粧品に分類され薬用成分は含まれておりません。
区別するには後ろのラベルを確認すると表記されています。
[洗口液・マウスウォッシュ]
・歯磨きの後に使用する(歯磨き後すぐに使用もしくは就寝前に使用するもの)
・医薬部外品で薬用成分が含まれる
[液体歯磨き]
・歯磨き前に使用する(液体ですすいで口腔内に行き渡らせてから歯磨きをするもの)
・化粧品に分類され薬用成分は含まれない
使い方を間違えると効果も薄れてしまいます。
洗口液と液体歯磨きも歯磨きとセットで使用する事で効果を発揮できる物ですので、どちらを使用しても磨き残しがあっては意味がなくなってしまいます。
磨き残しがあるとお口の汚れがバイオフィルムと呼ばれるぬめりを作り出し、バイオフィルムが歯や歯周ポケットに付着し続けることでむし歯や歯周病の原因となります。
毎日の歯磨きで多くの汚れを取る事が重要で、洗口液や液体歯磨きを一緒に使用しケアする事で効果があります。
洗口液、液体歯磨きの効果
・口の中を浄化する
・口臭を防ぐ
・むし歯の予防
・歯垢沈着の予防
・口臭の防止
・歯肉炎の予防
伊藤歯科医院では歯科衛生士によるブラッシング指導も行っておりますので、個人の歯並びに合わせた歯磨き方法をお伝えいたします。
洗口液・液体歯磨きは種類もさまざまですので、ご自身の用途に合わせて選び、歯磨きとセットで使用して健康な歯を維持しましょう。​

トップへ戻る