大人の歯と子供の歯は何本あるの?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

大人の歯と子供の歯は何本あるの?

投稿日:2019年11月16日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんは自分自身が歯が何本あるか知っていますか?

上の図を見ていたただくとわかりますが赤文字のところが乳歯になっています。

緑の文字が永久歯です。数字で書かれている部分が生え始める時期です。

あまりお口の中を見て自分の歯を数えたことないとおもいます。

子供の歯は20本あります。

大人の歯は28本(親知らず含めると32本)あります!!

こんなにも歯があるんだなあって思いますよね。

歯がはじめて生え始めるのは下の前歯からはえてきます。

では生え変わりはいつぐらいに始まるかと思いますと6~7歳頃はじまります。(お子様の成長過程によります。)

下の前歯から揺れはじめるか6歳臼歯(第一大臼歯)がはえてきます。

その後下の前歯4本上の前歯4本が生え変わります。

小学校3年生以降から徐々に乳臼歯も生え変わります。

12歳頃になると12歳臼歯(第二大臼歯)が生えてきます。

第一大臼歯の後ろから生えてくるので歯ブラシがすごく難しくなります。

その頃には乳歯から永久歯にほとんど生え変わっています。

永久歯にかわると一生その歯を使用していきます。

むし歯や歯周病にならないようにセルフケアとプロフェッショナルケアを行いましょう!!

さいたま市で小児歯科をお探しの方は伊藤歯科医院へご来院下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る