歯磨き粉に配合されているフッ素|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯磨き粉に配合されているフッ素

投稿日:2020年4月9日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは

日本では9割以上の歯磨き粉にフッ素が配合されており、虫歯予防に役立っています。

近年歯磨き粉に当たり前のように配合されているフッ素ですが、歯磨き粉の裏に書いてある成分をしっかり見たことはありますか?

実は歯磨き粉の中に入っている虫歯予防の有効成分であるフッ素には種類がいくつかあります。

今日は歯磨き粉に配合されているフッ素の種類と特徴を書こうと思います。

・フッ化ナトリウム(NaF)

塗った瞬間からフッ化物イオンになりやすく歯の表面に素早く作用します。予防効果は次にでてくるモノフルオロリン酸ナトリウムよりも高いと言われています。

 

・モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)

唾液の作用でゆっくりフッ化物イオンに変化するので、小児でも安全に使用できるとされています。

 

・フッ化第一スズ(SnF)

抗菌作用があるためミュータンス菌が多い人に効果的。ただし長期使用ではスズイオンが歯の表面に着色する場合があるので注意が必要です。

 

当院は歯科医師、歯科衛生士担当制です。そのため、一人一人に合った歯磨き粉をおすすめすることができます。

さいたま市中央区で歯医者さんがおすすめする歯磨き粉をお探しの方はぜひ伊藤歯科医院までお越しください。

 

トップへ戻る