炭酸水の歯への影響|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

炭酸水の歯への影響

投稿日:2020年6月4日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

今回は、炭酸水についてお話をしていきます。

ダイエットや美容などを理由に、炭酸水を飲んでいる方が多くいらっしゃいます。

炭酸水は、水の中に炭酸ガスが溶け込んでいるため、弱酸性になっています。飲料の中で、水はp H値が7であり、炭酸水の値はこれよりも若干低くなるので、実際に歯を溶かすことはあまりありません。

ただ、フレーバーがついている炭酸水は注意が必要です。特に、柑橘系のフレーバーの場合は、クエン酸が入っていることが多く、酸性度が高くなっています。日中に時々飲む分には問題はないですが、唾液分泌量が減る就寝前は控えるようにしましょう!

また、カロリーゼロの炭酸水でも、甘味料などの添加物を含んでいるものも多いようです。

炭酸水を飲む方は、なるべく添加物が少なく糖質を含まないものや、水と炭酸のみの炭酸水を選ぶなどをして、歯への影響を少なくしましょう。

ちなみに、普段からジュースや炭酸飲料を好む方が炭酸水を代わりに飲むのはお勧めです!

フレーバー付きのものであっても、それらと比べれば歯への影響は少ないです。

これから夏本番になるので、歯に気をつけつつ、炭酸を楽しむ参考になれたら嬉しいです。

さいたま市中央区の炭酸水について、ご相談がありましたら伊藤歯科までお越し下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る