インプラント治療について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

インプラント治療について

投稿日:2017年10月17日

カテゴリ:スタッフブログ

2017年10月17日

即時負荷インプラント
インプラントの1回法の外科手術では2種類の方法があります。

インプラントを埋め入れた手術後は、仮歯などで見た目を補い、3ヶ月~6ヶ月後に最終的な人工の歯(被せ物)を装着する方法。
インプラントを埋め入れたその日のうちに、
最終的な人工の歯(被せ物)を装着する方法 →即時負荷インプラント
一般的なインプラント治療では、埋め入れたインプラントに人工の歯(被せ物)を装着するには、3ヶ月~6ヶ月程の期間を要しました。しかし近年では、インプラント製品の品質向上や、歯科用CTの普及でより正確な診断が可能となり、お口やお身体の状態が良ければ、手術をしたその日のうちに人工の歯(被せ物)を装着することが可能となりました。これを、『即時負荷インプラント』といいます。また、『All-on-4』も即時負荷の一つの方法になります。

即時負荷インプラントの特徴
手術をしたその日のうちに人工の歯(被せ物)を装着することができる
他のインプラント治療と比べて通院回数が少ない
お口や全身の状態によっては適さない場合がある
手術後に人工の歯(被せ物)を装着できるため、食事や会話に支障が出にくい
見た目に歯が無い期間がない
他のインプラント治療と比べて通院回数が少なくなりやすいため、患者様の負担が軽い

即時負荷インプラント

 

即時負荷インプラント

 

即時負荷インプラント

 

また、院長先生は新しく発足された研究会に出席し、積極的に研鑚を重ねております。

今後も即時負荷インプラントがますます発展していくことでしょう。

トップへ戻る