親知らずの抜歯|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

親知らずの抜歯

投稿日:2020年7月28日

カテゴリ:スタッフブログ

前々回、親知らずについて復習しましたが、今回は親知らずの抜歯についてお伝えします。

 

前回のお伝えしたように

親知らず上下ともまっすぐ生えていて、しっかりかみ合っている。

しっかりプラークコントロールできて、虫歯リスクが低い場合は抜かなくてもいいこともあります。

 

しかし、生えている人でこの条件に当てはまっている人は少なく、

抜いたほうがいいといわれる生え方の人が多いのが現状です。

そこで気になるのは、親知らずの抜歯は大変なのかということだと思います。

 

生え方やお口の中の環境はひとそれぞれなので、一概には言えませんが

上の親知らずは下の抜歯よりも比較的簡単で、腫れたり痛みも少ないことが多いです。

それに比べ下の親知らずの抜歯は、横に生えてしまっている人が多く、

その場合そのままでは抜けないので、削ってバラバラにしてから抜いたり、

親知らずの周りの骨を削って抜かないといけなかったりと大変なことが多いため

痛みが長続きしたり、人によっては見てわかるほど腫れてしまう人もいます。

 

これだけ聞くと、抜きたくない人が多いと思いますが、

そのまま放置していても虫歯になったら抜かないといけませんし、抜くのも大変になります。

さらに、

親知らずのせいで隣の歯が虫歯になってしまい、

その歯の神経まで取らないといけなくなったり、

最悪歯ごと抜かないといけなくなることも少なくありません

 

手遅れになる前に、自分の親知らずがどういう状態なのか、抜かなくて大丈夫なのか、

しっかり歯科検診を受診されることをおすすめします。

 

南与野、与野本町の歯科検診は伊藤歯科医院まで

トップへ戻る