口内炎の種類|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

口内炎の種類

投稿日:2020年7月7日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

今回は口内炎の種類について書いていこうと思います。

●アフタ性口内炎・・・疲労・ストレスが原因

口内炎の中で多いのが、ストレスや疲労により免疫力が低下してできる「アフタ性口内炎」ですが、はっきりとした原因はわかっていません。

栄養バランスの乱れ、睡眠時間の不足なども、アフタ性口内炎ができる原因となります。

アフタ性の口内炎は一般的に10日程度で治癒しますが、なかなか治らない場合は、アフタ性口内炎ではなく、別の病気である可能性もあります。

口内炎が長期的に消えない、または何度も繰り返すという場合には、歯科医院や病院で診てもらうと安心でしょう。

●カタル性口内炎・・・合わない被せ物や入れ歯、何らかの外傷が原因

カタル性口内炎とは、外傷や熱傷などによりできる口内炎です。

頬の内側を噛んでしまった場合、合わない被せ物・入れ歯や矯正装置が粘膜に触れてできた傷や、

熱・薬品などによる刺激などが原因となります。

被せ物や入れ歯が合っていない場合は調整するか、新しく作りなおします。

●ウイルス性口内炎・・・さまざまなウイルスが口内炎の原因に

ウイルスが原因で口内炎ができることもあります。原因となるウイルスには、カンジタ菌や単純性ヘルペスウイルスなどがあります。

ウイルス性口内炎は、粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます。

他の口内炎に比べて痛みが強く、発熱や倦怠感を伴う場合があります。

ウイルス性口内炎ができると、食事を摂取することが困難になりますので、水分摂取をしっかり行うことが必要となります。

原因となるウイルスや細菌により治療法は異なりますが、異常が疑われる場合には、重篤化する前に歯科を受診しましょう。

 

など口内炎にも様々な種類があります。気になる事があればさいたま市中央区伊藤歯科医院までご連絡下さい。

トップへ戻る