新型コロナウィルスの後遺症で歯が抜ける?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

新型コロナウィルスの後遺症で歯が抜ける?

投稿日:2020年12月4日

カテゴリ:スタッフブログ

先日、海外のニュースで「新型コロナウィルスの後遺症で歯が抜ける可能性がある」という記事がでました。
新型コロナの感染で歯が抜けたり、歯科的な問題が起こったりすることを示す確かな証拠はまだハッキリとはないという事ですが、新型コロナ感染後に歯が抜けたと話す人が何人かいたということです。
歯茎に痛みを感じたり、歯が灰色に変色したり、欠けたりした、という様々な症状も報告されていますが、コロナが原因という証拠はまだありません。
 
新型コロナについては、循環器系への影響だけでなく、つま先の腫れや脱毛につながることが知られています。
歯が抜けるといった症状もコロナと関係している可能性はありますが、新型コロナが歯科的な問題を引き起こすと考えるには、データが不足しているといえます。
 
ただ、すでに存在している歯科的な問題がコロナの感染で悪化することは考えられます。
特に関係していると考えられるのが、「歯周病」です。
循環器疾患や糖尿病などの炎症性疾患も歯周病と関係があります。
歯周病は過炎症反応にとても敏感で、コロナの症状に長期間苦しんだ人は、コロナなどによる炎症から歯が抜けるなどの症状が出たのではと考えられるでしょう。
 
歯周病を予防するとこで、循環器疾患や糖尿病などの、コロナが重症化しやすい疾患も予防していくことに繋がるかもしれません。
さいたま市中央区で歯科の予防をお考えの方は伊藤歯科医院まで!

トップへ戻る