ライフステージ別の歯と口の健康づくり|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

ライフステージ別の歯と口の健康づくり

投稿日:2022年1月21日

カテゴリ:スタッフブログ

ライフステージ別に大切な歯と口を守るケアのポイントをご紹介します。

乳幼児期

●乳歯はむし歯になりやすいので要注意

乳歯は、永久歯に比べて歯の表面の層が薄いため、あっという間にむし歯が進んでしまいます。この時期の子どもは、まだ自分できちんと歯磨きをすることができません。大人が毎日しっかりと仕上げ磨きをしてあげましょう。

●赤ちゃんへの口うつしはNG!

生れてすぐの赤ちゃんの口の中にむし歯菌はゼロ。大人が使ったスプーンなどで赤ちゃんに食べさせるにはやめましょう。

●規則正しい生活リズムは歯と口の健康づくりの基本

歯と口の健康は、生活リズムと密接な関わりがあります。「早寝早起きして、三食しっかりと食べ、日中は活動的に遊ぶ」といった一日のリズムが整うと、食後の歯磨きも身に付きやすくなります。家族みんなで健康的な生活リズムを実践し、子どもの歯と口、そして全身の健康を守りましょう。

家族で歯磨きタイムを作って、一緒に歯磨きをするのもお勧めです。

乳幼児期の歯と口を守るケアのポイントをご紹介しました。気になる方は伊藤歯科医院までご相談ください。

 

トップへ戻る