赤ちゃんの歯固めは何カ月から使う?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

赤ちゃんの歯固めは何カ月から使う?

投稿日:2021年6月21日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

こんにちは。

今日は夏至ですね。陽が差す時間が長いと一日が長く感じてお得な気持ちになりますね。

暑い夏に向けて水分補給などにも注意して、満喫しましょう。

 

今回は0歳の赤ちゃんのママさんから「赤ちゃんの歯固めは何か月から使うのか?」という質問を頂きましたので、ブログでもお話したいと思います。

 

まず、「歯固め」とは?

歯固めとは、赤ちゃんが歯が生えてくる際にかみかみする道具のことです。

歯が生えてくる時に歯茎がむずむずしたり、かゆみや不快な感じがするので、弾力のある硬いものを赤ちゃんはかみかみすることで、むずむずや、かゆみなどの不快な感じが解消できるのです。

赤ちゃんが、お口をもぐもぐしていたり、お口に指を入れてぐずっていたりする時は、歯が生え始めるサインかもしれません。

歯固めは必ず使用しなければいけない物ではありませんが、歯ブラシの練習にもつながります。

 

何カ月から歯固めを使う?

赤ちゃんの歯は、生後約6ヶ月くらいから生え始めます。(赤ちゃんの発育など個人差はあります)

大体の赤ちゃんは下の前歯から生えてきます。その時期になるとお口に手や指、掴んだ物などを口に入れたがるようになります。歯固めを使うのに良い頃合いです。

もちろん、歯が生える時期は赤ちゃんによって違いもありますので、10ヶ月でスタートする赤ちゃんもいます。

赤ちゃんのお口の中(歯茎)を良く観察していると、下の真ん中に白っぽいふくらみ(歯)が見えてきたら歯が生え始めてくるサインです。

使う時期は決まりはありませんが、赤ちゃんにあわせて6~10ヶ月位からとなります。

 

歯固めを使うメリットとデメリットについては今後お話していきます(^^)

さいたま市中央区で赤ちゃんの歯についてご興味がある方、キッズルームのある歯医者さんをお探しの方は伊藤歯科医院にご連絡下さい。

 

 

トップへ戻る