親知らずの抜歯|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

親知らずの抜歯

投稿日:2021年7月6日

カテゴリ:スタッフブログ

親知らずに痛みがある方や症状はないけど抜いた方がいいのか悩んでいる方は大勢いらっしゃると思います。

親知らずには抜いた方がいい親知らずとまだ抜かなくていい親知らずがあります。

 

抜いた方がいい親知らず

1:痛みや腫れがある

親知らずは1番奥の歯なので歯磨きが難しく、菌により歯茎が腫れて痛みが生じます。腫れが酷くなりすぎると、開口障害や顎の痛み、人によっては頭痛も出る事もあります。また、むし歯や歯周病にもなりやすいです。

2:歯並びに悪影響が出ている

親知らずは横向きに生えていることが多く横向きに生えた親知らずは手前の歯をグイグイ押し歯並びに悪影響を与えることがあります。

3:腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因になっている

親知らずが原因で※含歯性嚢胞などの嚢胞や腫瘍ができる可能性があります。

※骨の中に埋まっている歯(埋伏歯)を囲うようにみられる嚢胞

必ずしもこのような状態になるわけではありませんが心配な方は親知らずの状態を診せて下さい。

 

また親知らずの生え方には4つのタイプがあります。

 

1:まっすぐ生えてくるタイプ

2:横向き・または斜めに生えてくるタイプ

このタイプが1番多いです。

このタイプですと磨き残しが溜まり、むし歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。

3:歯茎の中に埋まっているタイプ

4:逆向きに生えているタイプ

 

親知らずは生え方によって適した対応が違ってくるため、さいたま市中央区で親知らずが気になる方は是非伊藤歯科医院までお越しください!

トップへ戻る