糸ようじ(フロス)のメリット|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

糸ようじ(フロス)のメリット

投稿日:2021年10月9日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さんは歯磨きをする時、糸ようじ(フロス)を使いますか?

「気になった時だけ使う」「時間にゆとりがあれば使う」という方もいると思いますが

毎日使う方は少ないかもしれません。

しかし歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間は、汚れがとても溜まりやすい部分です。

磨き残しが蓄積し続けると、むし歯や歯周病の原因になってしまいます。

ここで活躍してくれるのが糸ようじ(フロス)です。

 

糸ようじ(フロス)を使う4つのメリット

1.寝る前の使用でむし歯・歯周病予防

寝ている間は歯や歯茎を守る唾液の分泌が少なく、お口の中の細菌が活性化する危険な時間帯です。

寝る前に使用することで、細菌の餌となる歯垢が減りむし歯予防に効果的です。

2.劣化した詰め物の早期発見

以前治療した詰め物は、経年劣化し詰め物と歯の間に隙間が出来ることが多いです。

糸ようじ(フロス)を使用した際、詰め物がひっかかる、外れる、糸がほつれるという場合は

詰め物の適合性が悪い可能性が高く、劣化やむし歯を疑いましょう。

3.歯周病の早期発見

汚れが溜まり、歯肉が腫れている時は糸ようじ(フロス)にうっすらと血がつくことがあります。

実はそれ、歯周病のサインかもしれません。

歯周病はほとんど自覚症状がない状態で進行していきます。

毎日糸ようじ(フロス)を使っても出血が続く場合はご相談ください。

4.口臭予防

歯ブラシだけでは、歯と歯の間に磨き残した歯垢が溜まったままになります。

残った歯垢が発酵すると、口臭の原因になります。

糸ようじ(フロス)を使った後、においを嗅いでみて「臭い」と感じたら

口臭のもとになっている可能性があります。

 

 

少し面倒に感じる糸ようじ(フロス)ですが

実はこんなにもメリットがあるのです。日々の歯みがきに

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

糸ようじ(フロス)・デンタルグッツ のご相談は さいたま市 中央区 の歯科医院で検索下さい

トップへ戻る