床矯正時のハミガキ|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

第2駐車場の使用区画変更のお知らせ【2月26日(月)より】

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

診療時間変更のお知らせ【3月1日(金)より】

床矯正時のハミガキ

投稿日:2022年3月9日

カテゴリ:スタッフブログ

それぞれの矯正にあわせたハミガキのコツとして、今回は床矯正時のハミガキについてご説明します。

 

床矯正をしているときのハミガキは普段と違うの?

床矯正装置は食事やハミガキのときには装置を外せるので、お口の中のハミガキは普段と同じようにできます。
基本のハミガキと、むし歯予防の生活習慣を徹底しましょう。
その上で、床装置をキレイにすることを心がけていきましょう。

 

床装置のよごれやすいところ

床装置をきれいにすることが、床矯正では大切です。
床装置は、基本的には「ネジ」「床」「ワイヤー」でできています。

①ネジ
一番汚れがつきやすいのが、デコボコしている「ネジ」の部分です。
この部分に汚れがついたままになると、汚れが固まって、ネジが動きにくくなったり、動かなくなったりして、修理が必要になってしまう場合があります。
ネジの内部までブラシの毛先を届かせましょう。

②床
床はプラスチックで細菌がつきやすいので、こまめにブラシをかけましょう。

③ワイヤー
折れたり曲がったりしやすいので、ブラシでやさしく汚れをとりましょう。

 

さいたま市中央区で床矯正にご興味がある方は、伊藤歯科医院まで!

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る