エナメル質形成不全の対策について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

エナメル質形成不全の対策について

投稿日:2020年1月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

以前エナメル質形成不全についての特徴を紹介させて頂いたので、今回はその対策についてお話していきます。

●フッ素塗布
エナメル質形成不全の歯にも、フッ素を使って歯質を強化してあげましょう。

定期的に歯科医院で高い濃度のフッ素も塗ってもらい、その都度経過観察を受けましょう。

当院では12歳までのお子様でハピカキッズクラブに入会していただければ市販薬以上の濃度のフッ素を無料で塗布しております。

注:エナメル質形成不全の原因のフッ素は、市販薬以上の濃度のフッ素を日常的に使用した場合になります。

●充填(詰め物)、補綴(被せ物)

歯科医院にて、エナメル質形成不全の部分を治療して治すことができます。

プラスチックでの詰め物は、部分的に形成不全が起こっているところに対応可能です。

被せ物での治療は、歯の形が変形している重度な症状に適しています。

上から綺麗な被せ物をすることで、審美的にも機能的にも、役割を果たせる歯にできます。

●自宅でのホームケア

全体に使用する歯磨剤だけではなく、エナメル質形成不全の部分にさらにフッ素を塗ってあげます。

この時使用するのが、ジェルタイプの停滞性のよいフッ素です。

また、歯磨きもとても重要です。

エナメル質形成不全の部分は、虫歯に弱い上ザラつきが強いので汚れが非常に付きやすくなっています。

全体のブラッシングの他に、その部分だけさらに丁寧に磨いて汚れを確実に落としてあげましょう。

自分もしくはお子様の歯で気になるなとお思いの方はさいたま市中央区の伊藤歯科医院にてご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る