歯医者さんのレントゲンの放射線量ってどのくらい??|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

歯医者さんのレントゲンの放射線量ってどのくらい??

投稿日:2020年2月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!!今回はレントゲンについてお話していこうかと思います!!

伊藤歯科では基本的に子供だと半年に1度、大人の方だと1年に1度レントゲンを撮らせて

いただいてます。その中でもレントゲンを希望されない方には無理して撮りません。

そもそも何故レントゲンを撮るのかといいますとそれは目に見えない虫歯がレントゲンを撮ると見えるからです。

ただ、全部の虫歯が見える訳ではなく金属の被せ物や詰め物の下の虫歯はレントゲンを撮っても見えない事が多いです。それは何故かと言いますとレントゲンで金属を撮影すると光って見えてしまうからです。

なので詰め物の中が虫歯になっているかどうかは詰め物を外してみなきゃ分からないのが現実です。

レントゲンの放射腺を気にして撮らない方もいますが当院のレントゲンは0.01mSvの量しか無いと言われています。飛行機を乗るだけでも放射腺を浴びていると言われています。飛行機で往復乗ると約0.19mSvの量を浴びると言われています。その飛行機よりも少ない量でレントゲンは撮影する事が出来ます。

レントゲンについてもう少し詳しく聞きたい方やいつ詰めたか分からない詰め物や被せ物があったら健診を兼ねてさいたま市中央区伊藤歯科にご連絡下さい。

お待ちしてます★★

 

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る