姿勢の影響|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

姿勢の影響

投稿日:2020年5月1日

カテゴリ:スタッフブログ

座ったときの姿勢が猫背になっていることがありませんか?
姿勢が悪いと、顎の成長、歯並びに影響します。
座ったときに猫背になると、重心が腰で固定されているので、立ったときよりも腹部を圧迫します。これでは、苦しいので、楽な呼吸を行うために頭を傾けて、下顎を前に移動させようとすることがあります。
そのために、顎の位置が不安定になります。
座った状態でも姿勢をよくすることを心がけましょう。
低年齢のお子さんは、座るイスに注意することが必要です。座った状態で足のつくイスか、足置きを用意しましょう。足が床に着いていない、ブラブラできる状態では、体が不安定になり、猫背になります。また、机と体の距離の関係も大切で、こぶし1個程にしましょう。イスの上に正座で座ることも良いでしょう。

 

顎の成長や歯並びでお困りの方は、さいたま市中央区伊藤歯科医院までご連絡ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る