唾液の役割|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

唾液の役割

投稿日:2020年10月9日

カテゴリ:スタッフブログ

口の中から出てくる『唾液』。

私たちの口の中でどんな役割をしているかご存知ですか??

唾液は主に耳下腺・顎下腺・舌下腺と呼ばれるところから出てきます。

大人の方の場合、1日に1000ml~1500mlの唾液が出ると言われており、30代頃をピークに減少していきます。

唾液には7つ役割があります。

1.再石灰化作用(虫歯を防ぐ働き)

2.消化作用(食べ物を消化する働き)

3.自浄作用(食べ物を洗い流す働き)

4.殺菌作用(細菌が入るのを防ぐ働き)

5.湿潤・保護作用(口の中に傷が出来ないように守る働き)

6.排出作用(異物を排除する働き)

7.緩衝作用(口の中を中和する働き)

逆に、唾液が減ってしまうとどのような影響があるでしょうか?

1.虫歯になりやすくなる

2.口内炎が出来やすくなる

3.食べ物が飲み込みづらくなる

4.口臭が気になる

5.口の中がネバネバする

6.話しにくくなる

などなど唾液が不足すると不快感が慢性化してしまいます。

唾液腺をマッサージする、水分を取るなどして唾液を増やしましょう。

 

お口の中の乾燥や虫歯でお悩みがありましたら伊藤歯科医院まで!!

トップへ戻る