補綴の種類①|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

訪問歯科対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

補綴の種類①

投稿日:2022年4月15日

カテゴリ:スタッフブログ

伊藤歯科医院のブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は補綴の種類、特徴についてお話ししたいと思います。

まずは詰め物のインレー・オンレーです。
インレーとは、歯の硬組織病巣部(例:むし歯)の除去などの欠損を修復する為に、歯にある一定の条件に従って形成した洞にはめ込むものです。
オンレー(アンレー)とは、咬頭頂(歯冠上部の突起)を超え歯冠の大部分を覆うものです。
当院でご用意できる素材をご紹介します。
〈素材の種類〉

金銀パラジウム合金(銀歯)
メリット    ・保険適用なので費用が安くすむ  
                ・金属なため強度が高い
デメリット ・材質上ピッタリと作ることが出来ないため隙間が生じる
      (細菌の侵入をゆるしてしまうため、むし歯の再発リスクが上がってしまう)    
                ・金属アレルギーのリスクが高い

    
ゴールド(18金) 
メリット    ・金属なので強度がある 
                ・歯に近い硬さなので噛み合う歯を痛めない
デメリット   ・口を開けたときに目立ってしまい見た目がよくない
      ・保険外治療のため費用が保険に比べて上がる


セラミック  
メリット  ・汚れが付きにくいため、むし歯の再発リスクが少ない    
      ・天然歯に近い透き通った審美性を表現できる  
                  ・金属を使用していないためアレルギーリスクがない

デメリット ・強い力が加わると割れてしまうことがある 
                ・保険外治療のため費用が保険に比べて上がる


ジルコニア
メリット  ・人工のダイヤモンドなので強度がある  
      ・アレルギーリスクがない

デメリット ・白色度が高いため自分の歯と並んだときに白浮きしたように見える
      ・保険外治療のため費用が保険に比べて上がる
  

伊藤歯科医院では、患者様に合った補綴治療に関するご提案、カウンセリングを行っております。

気になる方は 詰め物 治療 与野 歯医者で検索してみてください。

トップへ戻る