保険内と保険外について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない治療にこだわり

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

保険内と保険外について

投稿日:2019年9月7日

カテゴリ:未分類

今回は保険内と保険外で作れる詰め物について話していこうと思います。

いきなりですがみなさんの口の中に何個銀の詰め物や被せ物が入っていますか??

最初は値段が安いから・見えない所だからと言って保険内で済ませていませんか?

虫歯の再発リスクが1番高い事を知らずに銀歯を選んでいる方が多いのが現実です。

なのでこの記事を読んで少しでも銀歯への印象が変われば嬉しいです。

銀歯は保険内で作れるものなのでどうしても使える材料に限界があります。なのでご自身の歯と詰め物に隙間が出来てしまいそこから虫歯菌が入り虫歯に繋げてしまいます。使っている接着剤も溶けやすく劣化してしまい外れてしまう原因にもなります。そんな中、当院でおすすめさせて頂いているのはセラミックを使った詰め物です。保険外の詰め物になりますが陶器のお茶碗のような材質で表面がつるつるしているので汚れが付着してもすぐ落ちますしご自身の周りの歯の色にも合わせる事が可能になりますので目立ちにくく使う事が出来ます。再発リスクも1番抑えられる詰め物になっています。銀歯は平均装着してから5~6年後には虫歯になってしまうと言われています。ただ、口腔内は人によってみなさん違うのでもっと早い方もいらっしゃいます。

この記事を読んで頂いていつ入れたか分からない銀歯や見た目が気になる方がいたらお声掛け下さい。読んで頂きありがとうございました。

トップへ戻る