知覚過敏について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

知覚過敏について

投稿日:2019年10月7日

カテゴリ:スタッフブログ

 

皆さん、一度は歯がしみると感じたことがあると思います。

それはCMでもよく聞く知覚過敏というものです。

 

1、むし歯

2、歯肉退縮

3、象牙質露出 など原因は様々です。

 

一番多い原因としては、歯肉退縮(歯肉が下がってしまうこと)です。

なぜ歯肉退縮が起きてしまうかというと、歯周病や、過度なブラッシング圧で歯肉にダメージをあたえてしまったり、歯ぎしり・食いしばりなどにより歯に過度な力がかかり起こります。

 

予防法としては、歯磨きは優しく正しいブラッシング圧でおこない、歯ぎしり・食いしばりがある方は日中は自分で意識してやめるようにし、夜はマウスピースを使い過度にかかる力を分散させたりします。

 

 

治療法としては、当院ではむし歯の治療はもちろん、歯に直接しみ止めのお薬を塗ったり、レーザーを使用したり、プラスチックの樹脂を詰めたりします。

知覚過敏用の歯磨き粉を使用するのも効果的です。

 

 

これから寒くなり、水道水、空気がつめたくなり、暑い時期よりもしみると感じることが多くなると思います。

さいたま市中央区で歯がしみる お悩みがある方は、伊藤歯科医院へ☺

 

トップへ戻る