虫歯の進行度|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

虫歯の進行度

投稿日:2019年9月2日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!今回は虫歯の進行度について説明したいと思います。

・C0

虫歯の初期段階で、歯の表面のみが脱灰している状態です。健康な歯と違い、表面の色が白色っぽく不透明になります。まだ歯に穴はあいておらず再石灰化で元の健康な歯に戻ります。

・C1

歯の表層のエナメル質に限局する虫歯です。歯に穴はあいていますが、症状は出にくく気づかない場合が多いです。穴にプラーク(汚れ)が溜まりやすく虫歯が進行しやすいです。

・C2

虫歯がエナメル質から象牙質まで達した状態です。象牙質は柔らかく虫歯の進行ペースも早いのが特徴です。歯が黒く透けてきたり、大きな穴があいてきます。ここまでくると冷たい物や甘い物でしみたり、穴に物が詰まると痛みを感じます。

・C3

虫歯が象牙質から神経まで進行した状態です。何もしなくてもズキズキ痛んだり自発痛が起こってきます。神経は生きているのですが、ここからさらに進むと神経は死んでしまい痛みも無くなります。痛かった歯が痛くなくなったという経験はありませんか?

・C4

虫歯が進行しすぎて歯の形状が無くなっている(残根)状態です。歯の頭がないので食べ物を噛むことができなかったり、対となる歯が出てきたりと咬み合わせに問題が生じてきます。膿なども出てきます。

 

このように虫歯の進行度により症状は変わっていきます。もちろん治療法も変わります。虫歯は症状が出てからの処置では進んでいることの方が多いので早めの検査、処置をお勧めします!

さいたま市与野で検査・処置をお探しの方は伊藤歯科にご相談ください!

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る