歯医者の手術で使う糸について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯医者の手術で使う糸について

投稿日:2020年1月17日

カテゴリ:スタッフブログ

外科手術には欠かせない存在の縫合糸(ほうごうし)。遡ること紀元前30世紀のエジプトで亜麻を使った縫合が行われていたという記録も残っているほど、古い歴史を持っています。何千年もの間に様々な素材が用いられ、特に西暦1000年以降は動物の腸や絹糸が主流でした。しかし化学の進歩により合成繊維が開発され、現在では合成繊維でも様々な種類の糸があります。今回は現在よく使われている医療用縫合糸の種類を紹介します。

それぞれの特徴や用途はこのようになっています。吸収性縫合糸は一定の期間は創部を固定する強度を有し、加水分解などで時間が経つと吸収されます。非吸収性縫合糸は生体内で分解・吸収されずに残留します。(長期間をかけて劣化するものも含む)長期間にわたり保持する必要のある組織に使用されることが多い。

歯科ではインプラント手術や抜歯処置する時に使う糸は主に非吸収性縫合糸を使います。中にはブレイドシルク縫合糸とナイロン製縫合糸をよく使います。

糸を使う処置を行った場合は糸を取る処置も必要になります。

詳しい事はさいたま市中央区伊藤歯科にご連絡下さい。

トップへ戻る