上下歯列接触癖について②|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

上下歯列接触癖について②

投稿日:2021年6月17日

カテゴリ:スタッフブログ

 

以前上下歯列接触癖(TCH)について少し書いていましたが、顎の痛みが続いている人の50%以上がTCHがあると言われています。

 

上下の歯が接触しているのが常にある人もいれば、ある場面でのみしている人もいると思います。

特に接触しやすい場面は

・緊張時

・うつむいている時(スマホ操作時、料理中、勉強時など)

・集中している時

年齢が上がるにつれ増えていきます。

就寝時の歯ぎしり、くいしばりはマウスピースである程度顎や歯を保護することが可能ですが、日中はご自身で意識してもらうことしか出来ません。歯ぎしり、くいしばりよりも軽い力ですが長時間行われることが多いので、顎や歯に大きく影響します。

 

TCHが関係する歯科疾患は

知覚過敏、口内炎、原因不明の歯の痛み、歯周病の悪化、義歯の痛み、歯根破折、インプラント上部のゆるみ、補綴物脱離…など沢山あります。

 

TCHを止めるには、まずは気づくこと!意識すること!が大切です。

メモを見える所に貼ったり、深呼吸して体の力を抜きリラックスしましょう。

 

さいたま市 歯の痛み でお悩みの方は、伊藤歯科医院へ☺

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る