歯茎が下がるのは仕方がない?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯茎が下がるのは仕方がない?

投稿日:2021年3月15日

カテゴリ:未分類

みなさんの中に、歯茎が下がってきた気がする、

歯が長くなってきた気がする、と感じられる方はいませんか?

見た目のことはもちろんですが、

歯茎が退縮して元々覆われていた部分があらわになることでしみるようになる知覚過敏がでたり、

CMでもやっていますが虫歯リスクが高い部分なので注意する必要があります。

 

加齢や老化が原因だから仕方がないと放置している方もいるのではないでしょうか。

ですが、高齢者の方でもほとんど歯茎が下がっていない方もいらっしゃるということは、

それだけが原因でないということです。

 

歯茎が下がる原因は歯周病も大きな理由ですが、

それ以外にも強すぎる力が過度にかかることで歯茎の退縮は進行します。

その力には矯正治療も含まれますが、矯正治療を行わない方にかかる力の多くは

歯ぎしりや食いしばりです。人間の習性ですのでやること自体は異常ではありませんが、

やめようと思っても寝ている間のことでやめられなかったり、

気を付けようがないことが多いのが事実です。

痛くなったり、冷たいものがしみるようになるまで自覚されない方も多いですが、

歯や顎に悪い影響はたくさんあり、取り返しがつかないこともよくあります。

歯ぎしり食いしばりに対しての治療はマウスピースが一般的ですが、

まず自分がどの程度歯ぎしり食いしばりをしているのか、専門家に診てもらうことをお勧めします。

 

与野の歯科検診はぜひ伊藤歯科医院まで

トップへ戻る