キシリトールってなんだろう?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

キシリトールってなんだろう?

投稿日:2018年1月26日

カテゴリ:スタッフブログ

2018年01月26日

キシリトールってよく耳にしますがいったい何でしょうか?

★キシリトールの働き★

①虫歯の原因にならない甘味料

砂糖と違い、虫歯の原因となる酸を作らないシラカバやカシ等の植物から作られる天然由来の新しい甘味料です。

②カロリーは砂糖の約75%

甘味は砂糖とほぼ同等なのにカロリーは約75%!

虫歯だけではなく肥満の予防にもなる嬉しい甘味料です。

③歯の石灰化を促進

食事やおやつの後に適切にキシリトールを取ることでお口の中を素早く中和し、歯の石灰化を促進します。

虫歯予防のためにはキシリトール100%配合のガムやタブレットを1日3回(虫歯のリスクが高い人はもう少し多く)、毎食後に摂り、さらに睡眠前に摂ると効果的です。

100%キシリトールの物なら歯磨き後に食べても大丈夫です☺

回数やタイミングはあまり気にせず、“何かを食べたらキシリトールを摂る”というように無理なく出来る範囲で長く続けることがコツです★

キシリトールを食べすぎるとお腹が緩くなることも…

キシリトールは体内への吸収が少ないためそのまま腸へ移動します。キシリトールは水を吸収した状態で大腸まで移動します。キシリトールは腸内細菌によって分解されると、キシリトールに結合していた水分が遊離し、大腸内容物の水分含量を増加させ、これが下痢につながります。お腹が緩くなった場合は食べる量を少し調整しましょう(^^)

トップへ戻る