歯医者さんのマスクの着け方講座(^□^)|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

歯医者さんのマスクの着け方講座(^□^)

投稿日:2018年1月11日

カテゴリ:スタッフブログ

2018年01月11日

こんにちは!

新しい1年が始まりましたね!!!今年も宜しくお願い申し上げますm(--)m

今年もスタッフ一同、皆様の健康増進のお手伝いに邁進してまいります!!

とはいうものの、寒さも本番!インフルエンザや胃腸炎などウイルスが大活躍(?)の時季になっています。

伊藤歯科医院の患者様の中にも体調不良でキャンセルの連絡を頂くことが多くなってきました(;;)

日頃から手洗い・うがいを気を付けてやっていても目に見えないウイルスは私たちの体内に侵入してしまうこともあります。

「いやいや~、自分は外出の際マスクもしているし予防は完璧!!」

「マスクしていれば大丈夫!!」

その通り!!マスクはウイルスの侵入経路となる、鼻や口からの感染を防いでくれる素晴らしいアイテムです!!

しかし、それは皆様が正しいマスクの着け方をしていれば・・・の場合です!!

そこで、今回は伊藤歯科医院のスタッフが実際にマスクの正しい着け方をお教えします~(^^)

ポイントは・・・隙を与えない!!ということです(@-@)+

マスクの向き

マスクの付け方

大体のマスクにはプリーツというヒダがあります。マスクを着ける時にプリーツを下向きにしてつけましょう!

②マスクの真ん中にあるワイヤーを鼻に押し付け、鼻の形にします。

マスクの付け方

③次に、ほっぺたの部分も浮かないように隙間をおさえます。

マスクの付け方

④この通り!!隙間をなくして上からのウイルスの侵入を防ぎます!

マスクの付け方

⑤マスクの下を引っ張り顎の下までプリーツをひろげます。

マスクの付け方

⑥この時にほっぺたの横に隙間ができないようにするのがコツです。これで上下左右からの隙間がなくなりウイルスの侵入が防げます!

⑦もし、ほっぺたの横の隙間がどうしてもできてしまうときはマスクの耳ひもを結んできつくしましょう。

ここからは、やってしまいがちな間違ったマスクの着け方をご紹介します!

マスクの付け方NG

マスクの付け方NG

マスクの付け方NG

マスクの付け方NG

マスクの付け方NG

どれも、スキだらけです!これでは外部からのウイルスの侵入が防げません!!

正しくマスクを着けて、ウイルスから身を守って楽しく過ごしましょう~(^^)

皆様が、2018年健康でよい1年になりますように!!!

トップへ戻る