乳幼児の虫歯予防(食生活編)|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

乳幼児の虫歯予防(食生活編)

投稿日:2021年7月20日

カテゴリ:スタッフブログ

今回は乳幼児の虫歯予防に関して、「食生活」にフォーカスしてお伝えしようかと思います。

正しい食生活が虫歯を防ぐといいますが、実際どんなことが影響しているのでしょうか。

離乳食が進むと、やがて大人と同じものを食べるようになります。

その生活の中で大切な3つのポイントがあります。

これらを守れば、歯にやさしい食生活になると言われています。

 

ポイント①噛む回数を増やす

回数が増えることで、口の中を洗浄する唾液が多く出てきます。

ポイント②バランスのいい食事

好きなものなら、そればかりたべてしまいがち。それが甘いお菓子なら虫歯リスクは高くなります。

ポイント③歯に大切な栄養素の摂取

歯を作るうえで、バランスの良い食事をとることが大切です。

ビタミンやミネラル、カルシウムなど、バランスよくとりましょう。

 

補足:歯に必要な栄養素について

なんといってもカルシウムです。丈夫な固い歯を作るには必須の栄養素です。

ただ、カルシウムが多く含まれるものでも吸収率は違います。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は約50%、ししゃも、小エビなどの小魚類は約30%、

小松菜、モロヘイヤなどの青菜類は約18%が目安になります。

 

皆さんのお子様の歯はしっかりできていますか?

大人と変わらず乳歯でも歯は大切です。

定期的に専門家の健診を受けることをおすすめします。

 

子供も大人もさいたま市の歯科検診は伊藤歯科医院へ

トップへ戻る