フロスと歯間ブラシ その2|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

フロスと歯間ブラシ その2

投稿日:2020年12月25日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは。先日糸ようじ(フロス)の重要性について述べさせていただきました。もしまだ見ていない方はこちらからご覧になって下さい。糸ようじと歯間ブラシ

 今回は歯間ブラシについて、メリットデメリットについて述べていきたいと思います。

まずフロスとの違いについてですが、歯と歯の間を通すというより、歯と歯の間の隙間に入れるという感覚です。そのため歯と歯の間に隙間が無いと歯間ブラシを通す事はできません。無理に入れると歯ぐきが傷つき、歯ぐきが下がってしまう要因となります。隙間が無い場合はフロスを通すことが効果的です。

 では歯間ブラシを使うタイミングについてですが、若い人はあまり出番がないかもしれません。少し歯ぐきが下がってしまい、歯と歯の間の隙間が以前より大きくなってしまった方にはとても効果的です。歯間ブラシを入れる際は表側(頬側)だけでなく裏側(舌側)にも入れるようにお願いします。

さいたま市中央区与野で歯科健診を希望の方は伊藤歯科医院までお願いします。

トップへ戻る