糸ようじと歯間ブラシ|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

糸ようじと歯間ブラシ

投稿日:2020年12月21日

カテゴリ:スタッフブログ

皆さんは毎日歯磨きをされていますか?ほとんどの方は毎日している、と答えるはずです。

では毎日糸ようじ(フロス)をしていますか?

この質問だと中にはあまりされていない方も多いのではないでしょうか?

今回は糸ようじの重要性について述べていきたいと思います。

 まず結論から言えば、フロスは毎日した方がいいです。1日1回夜で構いません。できればやって頂きたいです。歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは限界があり、どうしても磨き残しが出てしまうため、隣接面をしっかり清掃できるフロスを使ってほしいです。

多くの患者さんに言える事ですが、隣接面齲蝕(歯と歯の間のむし歯)が存在している方が多数おり、共通している事としてフロスをほとんど使っていないと答える方が少なくない、という事です。

 フロスは決して歯ブラシの補助器具ではありません。歯と歯の間の汚れを確実に落とす清掃器具です。

皆さんも3日に1回でもいいのでフロスを通す習慣をつけてみましょう。

 

さいたま市中央区与野で歯科健診を希望の方は伊藤歯科医院までお願いします。

トップへ戻る