歯磨きの時に気をつけるポイント|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯磨きの時に気をつけるポイント

投稿日:2020年2月18日

カテゴリ:スタッフブログ

今日は、簡単に歯磨きのポイントをいくつかお話しします。いつもなんとなく磨いてる方でも興味を持っていただけたら、と思います。そんなに大変ではないと思うので少しお付き合いください。

*歯ブラシの持ち方

歯ブラシの正しい持ち方はえんぴつ持ちです。力が入りすぎるのを防いでくれますし、手首がしっかり動かせるので歯ブラシを当てやすくなります。

*磨く時の順番を決める

右上の奥歯前歯左側の奥歯歯の裏側噛み合わせの面

などスタートとゴールを決めて磨くことで磨き残しが出ないようになります。

*小さく動かす

歯と歯の間や歯と歯茎の境目など細かいところに毛先が入るのでしっかりプラークをとることができます。

*歯ブラシの毛が開いたら交換

歯ブラシの毛が開いていると、毛先が当たらなくなり清掃効率が半分以下になってしまいます。

歯ブラシの毛が開く原因には力の入れ過ぎもあります。強くこすってしまうと歯茎が下がったり歯が削れてしまうので力の入れ過ぎには気をましょう。

*鏡を見て磨く

歯ブラシが当たっているか不安な方は鏡を見ながら確認しましょう。

*歯磨き粉はつけ過ぎない

歯ブラシの表面の3分の1程度を目安につけましょう。つけ過ぎると泡立ちが多くなりま磨けた気になってしまうので避けましょう。

*うがいは一回

歯磨き粉の中にはフッ素が含まれています。

うがいを何度もしてしまうとフッ素が口の中に残らないので、一回程度にしておきましょう。

一回だけだと気になってしまう方は、フッ素ジェルを塗るのをおすすめします。

自分にあった歯ブラシ、歯磨き粉がわからない方がいたらいつでもお声かけください。

さいたま市中央区の予防歯科でお探しの方は伊藤歯科医院へ。

トップへ戻る