歯医者さんの治療中ベロ(舌)はどうしたらいいの?|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

歯医者さんの治療中ベロ(舌)はどうしたらいいの?

投稿日:2020年5月30日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは

以前に、治療中はどこを見たらいいのか?についてお話ししました!

歯医者さんで治療を受ける時に、聞くに聞けない素朴な疑問から・・・

今回は、歯医者さんの治療中ベロ(舌)はどうしたらいいのかについてお話しします!

 

歯医者さんでは、むし歯を取り除く際にタービンという高速回転する機械を使います。

その機械が、ベロやほっぺたの内側のお肉に当たると傷ついてしまいます。

解説しなくても、あの音や伝わる振動を経験した方は想像がつきますよね。

治療中に傷つけないように、歯医者さんではベロやほっぺたの内側を保護するなどして細心の注意をはらって治療をしています!!

ですが、患者さんの立場になると、自分のお口の中でどんなふうに治療がされているのか見えないし、音や振動もするし、緊張して体に力が入ってしまうものです。その上、お水も溜まって息もしにくいし・・・となり、自然とお口(唇やベロ)も力が入ります。そんな時、ベロは一体どうしたらいいのでしょうか?

実際に歯医者の先生に聞いてみました!!

ベロは・・・

何もせず力を抜いて下に置いて下さい(^^)

そうすると、ベロをスムーズに保護できるのと、ベロが下にある方が安全です。

ベロのほとんどは筋肉なので、上にあげようとしたり、治療している反対側に持っていこうとすると硬くなり、保護しにくいのです。

治療中、リラックスして受けるというのは難しいかもしれませんが、歯医者さんの先生はプロなので、安心して治療を受けて下さい!!

それでも、お水が苦しい、痛みを感じる、休憩したいなど治療中、お困りの時は左手を挙げて教えて下さい!!

虫歯治療について、さいたま市鈴谷で安心して治療が受けられる歯科医院をお探しの方は伊藤歯科医院にお越し下さい。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る