小児の歯の外傷|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

小児の歯の外傷

投稿日:2020年2月20日

カテゴリ:スタッフブログ

今日は、小児の歯の外傷についてお話したいと思います。

主に、1~2歳頃の乳幼児と7~8歳頃の学童に多発しています。

乳幼児の原因で1番多いのが、日常生活の中での転倒です。

永久歯での外傷は、スポーツ中だったり、交通事故なども多いです。

 

歯の外傷で、最も大切なのは迅速で適切な治療です!

ただし、頭部や全身状態によっては、医師の治療を優先してください。

 

では、歯の外傷にはどのようなものがあるのでしょうか?

・歯冠破折(しかんはせつ)

・歯根破折(しこんはせつ)

・歯冠・歯根破折(しかんしこんはせつ)

・脱臼(だっきゅう)

などがあります。

もしも、歯が抜けてしまったら、すぐに歯の保存液や牛乳、生理食塩水などに入れて下さい。

転倒などでぶつけてしまった歯は、歯科医院を受診後、しばらく安静をこころがけ、なるべく咬まないようにしましょう。

後に合併症が現れてくることも多いので、3ヶ月~1年以上の経過観察が大切です。

数か月経ってから、神経が死んでくることも多いです。

その際は、歯が黒っぽくなってきたり、歯ぐきのところにぷくっとできものができてきたりします。

このような症状が見られた場合には、歯科医院を受診しましょう。

 

さいたま市中央区小児の外傷でお探しの方は伊藤歯科医院へ

 

トップへ戻る