誤嚥性肺炎について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

誤嚥性肺炎について

投稿日:2019年9月26日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは! さいたま市中央区の伊藤歯科医院です。

今日は『誤嚥性肺炎』についてお話していきたいと思います。

誤嚥性肺炎とは、本来、食道に送られるべき物が、誤って気道に入ることによって、細菌感染を引き起こし、炎症を起こした状態のことをいいます。

誤嚥性肺炎は、死因別にみた死亡率では、がん、心疾患、脳血管障害につづき、4番目に死亡率の高い恐ろしい疾患です。

また近年、誤嚥性肺炎による70歳以上の高齢者の死亡率が急激に増加しています。

誤嚥性肺炎はどうして起こるのでしょうか?

まず嚥下障害があることが第一の原因となってきます。そのため、加齢や脳血管疾患によって、嚥下機能の衰えた高齢者の発症が必然的に高くなります。

そして、誤嚥した時に、口の中の細菌が、気管支や肺に入ってしまうことによって、肺炎が引き起こされてしまいます。

では、誤嚥性肺炎を予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、嚥下機能を回復させることが大事にはなってくるのですが、口の中の細菌の数を減らすために、口の中を清潔に保つことも充分、誤嚥性肺炎の予防につながります。

なので、最近むせやすいな…、お口の中が汚れている気がするな…、と感じている方、誤嚥性肺炎の予防で、与野本町の歯医者さんをお探しの方は、伊藤歯科医院でクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る