赤ちゃんに歯固めを使うメリットとデメリット|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

予約制埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

新型コロナウィルス対策と検温のお願いについて

赤ちゃんに歯固めを使うメリットとデメリット

投稿日:2021年7月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

以前に赤ちゃんの歯固めを使い始める時期についてお話しました。

今回は歯固めを使うメリット・デメリットについてお話します。

 

おさらいになりますが、

歯固めとは?

歯固めとは、赤ちゃんが歯が生えてくる際にかみかみする道具のことです。

歯が生えてくる時に歯茎がむずむずしたり、かゆみや不快な感じがするので、弾力のある硬いものを赤ちゃんはかみかみすることで、むずむずや、かゆみなどの不快な感じが解消できるのです。

街中で、赤ちゃんがバナナの形をした物を赤ちゃんがカジカジしているのを見かけたときは思わずカワイイ!と目を奪われました。歯固めも色々な素材や形のものが販売されているので、選ぶのも楽しいですね。

赤ちゃんに歯固めを使うメリット

①赤ちゃんのぐずりや、夜泣きの解消

歯が生え始めるときにムズムズとした不快な感じがします。赤ちゃんは不快な感じからぐずったり、休めないことから夜泣きが出たりします。そんな時に、歯固めを使うことでムズムズが解消されご機嫌が良くなる効果があります。

②歯ブラシの練習になる

歯が生え始めたということは、歯のお手入れをする必要があります。離乳食が始まると、より汚れやすくなります。離乳食をはじめてから歯ブラシで綺麗に汚れを取ろうとしてゴシゴシすると赤ちゃんは今まで経験のないことをされ驚いて歯ブラシが嫌になってしまうことがあります。歯固めは、赤ちゃんのお口にいれて歯ブラシ前のトレーニングとしても有効です。

③噛むことの刺激や練習

歯固めを使って赤ちゃんが噛み噛みすることで、歯や顎の成長を促したり、離乳食や歯を使う為の噛む練習になります。

赤ちゃんに歯固めを使うデメリット

①お手入れ

歯固めは赤ちゃんのお口に入れる為、衛生面を考えてお手入れが必要です。材質によってはお手入れが面倒だったり、赤ちゃんのお気に入りがあると替えがきかず、衛生面が気になることがあります。

②けがにつながる可能性がある

歯固めをお口に入れたまま転んでしまったり、お口のケガにつながる可能性があります。歯固めを使っている赤ちゃんからは目を離さないように注意したいですね。

 

歯固めはメリット・デメリットがありますが、カワイイ赤ちゃんの事を考えて取り入れてみるのはいかかがでしょうか?

さいたま市中央区で赤ちゃんの歯についてご興味がある方、キッズルームのある歯医者さんをお探しの方は伊藤歯科医院にご連絡下さい。

トップへ戻る