静脈内鎮静法について|さいたま市・南与野・与野本町の歯科医院

抜かない・削らない治療

お問い合わせ・メール相談

駐車場13台

女医診療対応

キッズルーム

048-857-5441

埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-11-12

静脈内鎮静法について

投稿日:2019年10月9日

カテゴリ:スタッフブログ

 

今回は静脈内鎮静法について書いていきます。

 

静脈内鎮静法とは、歯科治療の不安・恐怖心により緊張した状態を

呼吸や血圧、脈拍などの状態をみながら点滴により薬剤を投与することで、

リラックスし落ち着いて安心・快適に歯科治療、手術を受けるための方法です。

インプラント治療など長時間の治療に適してます。

全身麻酔とは異なり完全に意識がなくなる方法ではなく、うとうと眠っているような状態で

治療を行うことができます。

 

静脈内鎮静法の流れは、心電図、血圧計、体内酸素濃度計などのモニターを装着して点滴を行います。

薬の効果が確認されてから局所麻酔を行い、治療を開始します。

治療中は必要に応じて薬剤の量を調節し、痛みに対しては局所麻酔を追加します。

治療後はふらつきや眠気などが回復するまでお時間がかかりますので、ゆっくり休んで頂きます。

 

インプラント治療をお考えの方や、不安や恐怖心が強く歯科治療が苦手な方は静脈内鎮静法がある、さいたま市中央区伊藤歯科医院にご来院下さい。お待ちしてます。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る